fgf 化粧品

FGF(Fibroblast Growth Factor)とは、線維芽細胞増殖因子と呼ばれる、体内で作られるたんぱく質の一種です。年齢を重ねるにつれて体内での生成量、分泌量が減っていき、肌老化や乾燥肌、その他肌荒れの原因となります。FGFの主な働きは、体内の繊維芽細胞に作用し、成長を促進することです。類似の成分にEGFがありますが、EGFとFGFの違いは働きかける場所が違うということです。EGFは肌表面に働きかけ、ターンオーバーを促進します。FGFは、肌のもっと深くに働きかけ、繊維芽細胞に作用し、コラーゲンの生成を促進します。皮膚科や美容外科などでは皮下注射(FGF注入)を行い、しわやほうれい線、目元のしわ、くぼみの改善、その他額やこめかみなどの膨張など、美容成分としても使用されています。FGFは実は細かく分けると23種類有り(FGF-1〜FGF-23)ますが、スキンケア化粧品に配合されているのはFGF-1です。成分表示ではヒトオリゴペプチド-13と書かれています。肌本来の力を取り戻し、再生力を高めるために、FGFを配合している化粧品が増えています。